コンタクトレンズのあれこれ コンタクトレンズのあれこれ コンタクトレンズのあれこれ

コンタクトレンズが遠視の矯正にお勧めです

矯正の必要性がある中で目の状態を列挙すると、たとえばコンタクトレンズといった視力矯正器具を必要としない正視と、近視と遠視等があります。この中で実は最も注意をしなければいけないのが、遠視だということは知っていますか。遠視の事実には、遠くがはっきり見えず、さらに近くも見えにくいといった特徴があります。常に目の周りの筋肉が使い続けられているため、眼精疲労になってしまったり、肩こりが起きたりするのです。そういうことで、ある意味では、近視よりも矯正が重要になってくるといえるでしょう。

そんな遠視を正すには、コンタクトレンズかメガネのどちらかが必要になります。

image

その際に断然おすすめしたいのは、コンタクトレンズの方となります。その理由については、遠視矯正をするためのレンズの形状にあります。遠視を矯正するには、いわゆる虫メガネに使用するような凸型レンズが必要になります。なので、もしメガネで遠視を矯正するとなると、人から見た際の自分の目の大きさが、想像以上に大きくみえてしまうことがあるのです。その点、コンタクトレンズであれば、当然そのような現象は起こりません。

メガネと違い、レンズと目の距離が非常に近いため、大きく見えてしまうことはないのです。もちろん比較的軽い遠視の場合は、矯正が必要であるとは言い切れません。

しかしながら、どれだけ軽い遠視であっても、目の周囲の筋肉に負担をかけていることは間違いがないのです。ですから、目の健康のためには、できるだけ矯正を行なった方がよいでしょう。さらに遠視に関しては、近視と比べて自覚の症状が出にくいという特徴もあります。

特に若い方に多いのですが、目の周りの筋力を使用することで、本来は見えにくいはずの遠くが、ハッキリ見えてしまうケースがあるからです。

そこで、たとえご自身で視力に問題はないと感じていても、機会があれば、眼科で一度受診されることをおすすめします。以上で説明したように、遠視は目にとって非常にやっかいな状態です。できる限り早めに察知して、矯正を行うことが非常に重要になってきます。もしも眼科で遠視だと診断されたときは、速やかにコンタクトレンズを使うことを考えてみてください。